トイレつまりが起きた際は水道 評判を確認して業者を選ぶ

トイレつまりが起きた際は水道 評判を確認して業者を選ぶ 法人店でも、トイレつまりなどトラブルが起こり得ます。自社スタッフで定期メンテナンスを行うことは必要ですが、小さなトラブルでも配管の構造が複雑だと間に合わないことも少なくありません。水道 評判を確認したうえで、対応可能な業者に相談すると問題解決へと繋げてくれます。
特に法人向けにサービスを展開している所は、時間帯を問わず緊急サポートも受けやすくなります。通常営業を図るためにも、信頼できる業者選びは欠かせません。

■トイレつまりの主な症状や原因

法人店の場合は、スタッフだけでなく店舗の利用客など不特定多数の方がトイレを使用します。おむつなどの吸水性のあるものや、大量にペーパーを流すことなどでもつまってしまう恐れがあります。タンクの不具合によっても、トラブルが発生します。カップ麺のスープなどを流してしまうことで、油が固まってしまい、つまりが引き起こされます。
法人店みずからがお客さんへ注意をすることも必要ですが、水道 評判を確認して業者にメンテナンスを依頼をするのがおすすめです。間違った修理をすると、事態がより悪化してしまうことも考えられます。経年劣化の可能性を兼ねて、メンテナンスを受けることで確実に直すことに繋がります。その際に、原因を分かりやすく説明してくれる所だと安心できます。

■道具を使わず自分で直すための方法
業者に依頼する前に、自分で直す方法もあります。修理費用を抑えられますし、店舗営業への支障も最小限で済みます。
バケツで水を流してつまりの解消を図る場合は、排水口をめがけて数十センチほど上から水を流し込むようにすると良いでしょう。水圧を利用して問題解決を図りますが、水位が正常に保てることを確認できたら、複数回繰り返し行うことで症状が改善する場合があります。ぬるま湯の方がペーパーが溶けやすいため有効です。重曹やクエン酸を混ぜて、50度ほどのぬるま湯で流すことでも解消が図れます。トイレに付着した便や尿石を除去する効果もあり、衛生面においても清潔に保てるようになります。
各種対策をとっても直らない場合は、トラブル回避のためのメンテナンスが必要です。水道 評判を確認したうえで、信頼できる業者に相談すると良いでしょう。

■道具を使って直すための方法

トイレつまりを直すための道具があれば、利用する方法もあります。軽度のつまりでは、ラバーカップで対応可能なケースが多いです。和式や洋式など構造によって対応可能なラバーカップがありますから、用途に合わせて使用をしてみましょう。近年では節水型タイプも開発されていますが、つば付きだと修理に適しています。
真空式のパイプクリーナーは、ラバーカップよりも高い効果が見込めます。強い吸引力と押し上げる圧力を用いて、つまりの解消を図ります。ホームセンターで購入をすることが可能ですが、サイズや構造によってタイプが異なるので、必ず確認が必要です。
一方道具を用いてでないとトイレつまりの修理ができない状態ということは、軽度でないことも少なくありません。間違った処置してしまうと、二次被害が発生することも考えられます。水道 評判や実績をホームページなどで情報収集して、信頼できる業者を選ぶことも、大きなトラブルを回避するためには必要となります。

■まとめ
法人店では、スタッフだけでなくお客さんもトイレを利用します。異物を間違って流してしまったりなどのトラブルが、相応に起きやすい環境です。自分でメンテナンスをすることも可能ですが、気になる症状が出た場合は水道 評判の良い業者に相談すると良いでしょう。修理だけでなくメンテナンスも受けることができると、業務への支障を抑えられるようになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース